バズ予想ニュース > 悔しさ

『悔しさ』をGoogle Newsで検索

レジェンド葛西、団体戦選考会前に個人戦の悔しさブログでつづる 平昌五輪ジャンプ男子日本代表で8大会連続五輪出場の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が18日、公式ブログを更新し、17日の個人ラージヒルで2回目に進めなかった悔しさとともに19日の団体戦に向け抱負をつづった。悔しいジャンプから一夜明けた。葛西は「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした。沢山の方に応援され、期待もしていたのに応えられず残念でなりません」と悔しい気持ちを吐露。「昨日は寒過ぎず、風も強くなくて良い条件でしたが、NO 全文 デイリースポーツ 02月18日20時23分
アビスパ福岡の井原監督、優勝と昇格誓う 福岡を率いて4年目の井原監督が改めてJ1復帰をサポーターに誓った。昨年はJ2自動昇格圏の2位以上を守っていたが、リーグ終盤に失速して4位。昇格プレーオフ決勝で名古屋と引き分けて悔し涙をのんだ。「昨年の悔しさを晴らして昇格を決めたい。優勝の2文字を胸に刻んで頑張ります」とJ2を制しての昇格を宣言した。=2018/02/19付 西日本スポーツ= 全文 西日本スポーツ 02月19日06時00分
吉永 冷静さ失い準々決勝敗退…反省「僕の悪い部分」 ◇平昌冬季五輪ショートトラック男子1000メートル(2018年2月17日)男子1000メートル、準々決勝2組の吉永一貴(18=愛知・名古屋経大市邨高)は3周目に先頭に立つなど積極的に仕掛ける展開だったが、終盤の勝負どころで2人にかわされて最下位4着で敗退した。【吉永と一問一答】「通れなかったのはすごく悔しかった。冷静になれなかった。前に出るタイミングもそうだし、ブロックで足を使ってしまったのも良くなかった。2番手に付けてブロックして、前 全文 スポニチアネックス 02月18日09時38分
葛西、個人ラージヒル33位に「悔しい」も「最後まで諦めず」団体へ ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45=土屋ホーム)が18日、自身のブログを更新。17日に行われた個人ラージヒル決勝で2回目に進めず33位に終わったことを悔やんだ。4年前の14年ソチ五輪では銀メダルを獲得した得意のラージヒル。だが、1回目121メートルで2回目に進めず、33位となった。「悔しい」とストレートなタイトルでブログを更新した葛西は「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした。沢山の方に応援され、期待もして 全文 スポニチアネックス 02月18日20時17分
小野塚が5位で決勝へ フリースタイル 女子ハーフパイプ予選 ピョンチャンオリンピック スキーフリースタイルの女子ハーフパイプは予選が行われ、前回のソチ大会で銅メダルを獲得した小野塚彩那選手は5位で、上位12人で争う20日の決勝に進みました。オリンピック初出場の鈴木沙織選手は14位、渡部由梨恵選手は22位で、決勝に進むことはできませんでした。
葛西紀明がジャンプ団体戦の選考会で出場権を手に 小林潤志郎が落選 平昌五輪ジャンプ男子日本代表で8大会連続五輪出場の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が18日、19日に行われるジャンプ団体に出場することが決まった。ノーマルヒルで日本勢最上位の7位入賞の小林陵侑(21)=土屋ホーム、竹内択(30)=北野建設、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=も選ばれた。小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=が外れた。17日の個人ラージヒルで2回目に進めず33位に終わった葛西は、この日の選考会で出場権を手にした。選考会に行く前に公 全文 デイリースポーツ 02月18日22時11分
【平昌五輪】フリースタイルスキー女子ハーフパイプ予選 鈴木沙織「自分の滑りが出し切れず悔い残る」 平昌五輪のフリースタイルスキー女子ハーフパイプ予選14位で、上位12人で争われる決勝進出を果たせなかった鈴木沙織(28)=城北信用金庫=は「自分の滑りが出し切れず、悔いが残る」と涙を流した。試合後の一問一答は以下の通り。--予選を終えてどうだったか「自分の滑りを出し切れず、すごく悔いが残ります。最後まで笑って終わりたいと言っていたので、みなさんの前では笑顔で終わりたいと思います」--大けがを乗り越えて出場した五輪は、どんな舞台だったか「 全文 産経新聞 02月19日12時32分
五輪フリースタイル:小野塚「予定通り」予選5位 HP フリースタイルスキー女子ハーフパイプ(HP)で、頂点を目指す戦いが始まった。前回のソチ五輪で銅メダルを手にした小野塚。予選は5位通過となったが「予定通り。5、6位ぐらいにつけられたらいいと思っていた」と動じなかった。
【一夜明け会見での一問一答】宇野、家族から「連絡は来ない…僕も何も変わらない」/フィギュア 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦選手(23)=ANA=と、初出場で銀メダルを獲得した宇野昌磨選手(20)=トヨタ自動車=が一夜明けた18日、平昌で記者会見した。宇野昌磨選手の一問一答は次の通り。
2大会連続メダルへ!小野塚 決勝は「やり切って結果がついてくれば」 ◇平昌冬季五輪フリースタイルスキー女子ハーフパイプ予選(2018年2月19日)平昌五輪は19日、フリースタイルスキー女子ハーフパイプ(HP)予選が行われ、ソチ五輪銅メダリストの小野塚彩那(29=石打丸山ク)は2回目に84・80点をマークし、5位で決勝進出を決めた。予選2本を滑り終え、小野塚は「明日のファイナルに向けては良かった」と充実の表情。決勝では「今までやってきたことを出し切らないで終わるのが一番悔しい思いをすると思う。やり切れるとこ 全文 スポニチアネックス 02月19日12時26分
葛西、ラージヒル失速の原因は「変な風が右のスキーの表面に当たり…」/ジャンプ 平昌五輪ノルディック・スキージャンプ男子代表の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が18日、ブログを更新。1回目に121メートルの107・9点と伸び悩み、33位に終わった17日の個人ラージヒルについて振り返った。「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした」と肩を落とし、「沢山の方に応援され、期待もしていたのに応えられず残念でなりません」と悔しがった。