バズ予想ニュース > 先輩方

『先輩方』をGoogle Newsで検索

古川雄大インタビュー/下 古川雄大インタビュー/上Wキャスト、意識してしまうのか意識せずいられるのか――Wキャストの山崎さんについて聞かせて下さい。 とても素敵で大好きな先輩です。稽古場でもとても優しく接してくださる方で、フレ...
【日本ハム】堀、2回4K!新球カットに手応え ◆練習試合阪神0―0日本ハム=特別ルール=(18日・宜野座)日本ハムの堀瑞輝投手(19)が18日、“田口先輩直伝”のカットボールで成長をアピールした。沖縄・宜野座村での阪神との練習試合にリリーフ登板。広島新庄高で3学年上の巨人・田口から教わった新球を交え、2回を、3者連続を含む4奪三振で無失点に抑えた。侍ジャパンの3月3、4日のオーストラリアとの強化試合に選出される左腕は「順調に来ている」と胸を張った。内角めがけて、思い切り腕を振った。7 全文 スポーツ報知 02月19日07時01分
丸岡いずみ、息子のファーストシューズをもらう「いつ頃からお散歩行けるかな~?」 フリーアナウンサーの丸岡いずみが18日、自身のアメブロを更新。お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリから…
愛知県警発「KOBANインストラクター」その仕事は どの職場にもいるだろう新人教育係の先輩。警察の世界では、交番勤務を基本から教える「実習指導員」がそれだ。でも、教え方がバラバラだと教育効果も薄いのでは――。そんな問題意識から愛知県警では今年度、指導員の「師範」役として新たに「KOBANインストラクター」を導入した。ほかの警察本部では前例がない取り組みという。KOBANインストラクターに任命されたのは、交番勤務に優れている勤続15~20年の警部補と巡査部長の計3人。数週間ずつ、県内各地の新人と 全文 朝日新聞デジタル 02月19日11時00分
キンコン西野亮廣「はねとび」時代に抱いた危機感「続かないなっていう」 16日、キングコング・西野亮廣の『エゴサーチTV』(AbemaTV)が放送され、ゲストに東野幸治が登場した。東野はテレビ主体で活動している自身を引き合いに出しつつ、ネットを巧みに使い活躍する西野について「発
大相撲:移転の東関部屋が部屋開き 師匠「早く関取を」 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱・北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内・北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古(けいこ)で新たな門出を祝った。
移転の東関部屋が部屋開き 師匠「早く関取を」と意欲 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古で新たな門出を祝った。
平昌五輪:韓国カーリング娘、「メガネ先輩」がネットで話題に 「行け!行け!ハリー、ハリー、ハリー(Hurry=ブラシで速く強く掃け)!」18日、江陵カーリングセンターで行われた平昌五輪カーリング女子予選第5戦、韓国対中国の試合。韓国代表のスキップ(主将)キム・ウンジョン(27)がスウィーパー(ブラシで氷上を掃く選手)のキム・チョヒ(22)とキム・ギョンエ(24)に向かって叫ぶ声が競技場内に響き渡った。メガネ越しにハウス(的)を見つめる鋭い目つき、慶尚道方言でチームメイトに指示するはきはきした声。インターネット上 全文 朝鮮日報 02月19日 09時54分
村主章枝さん 羽生が金メダル獲得したポイントにスケートシューズの軽量化 冬季五輪に2度出場した元フィギュアスケーターの村主章枝さん(37)が18日、TBS系「サンデージャポン」に出演し、平昌五輪フィギュア男子で羽生結弦が金メダルをとれたポイントの1つに「スケートシューズの進化」をあげた。村主さんはシューズが進化した点について、「底に使われているもの」と指摘。自身が使っていた古いタイプのシューズを持参し、底が皮革製であることを示した。村主さんは「羽生選手のものはカーボンです。靴の部分も私の時代は皮だけだった。羽生選 全文 デイリースポーツ 02月18日19時06分
「ラグビーのまち」御所でフェスタ 菊谷さんの引退記念試合も 県立御所実業高校など御所市内3会場で18日、「南和スポーツフェスタ2018」が開かれた。同校OBでラグビーの2011年ワールドカップ(W杯)日本代表主将を務め、今季限りで引退した菊谷崇さん(37)がゲストとして登場し、トークショーや同校OB同士による引退記念試合などが行われた。県南部のスポーツ施設のPRやスポーツツーリズム推進を通して地域を活性化するため、県が主催。2回目となった今年は「ラグビーのまち」としてアピールする御所市で、ラグビーやサ 全文 産経新聞 02月19日07時05分
【平昌五輪】郷亜里砂、食らいつき8位入賞 あこがれの先輩と同じ舞台 スピードスケート女子500 がむしゃらに500メートルを滑りきった。30歳にして初めて五輪に出場した郷は8位入賞。表彰台に立つことを夢見ていただけに、「目標のメダルには届かなかったけど…」と声を震わせた。五輪2連覇中の李相花と同走だった。「スタートしてからは無心で何も考えていなくて」。序盤は必死に食らいついたが、終盤やや引き離されてゴール。「あっという間の500メートルだった」と振り返った。1歳年上の小平がずっと目標だった。光が当たらなくても諦めず、その大きな背中を追 全文 産経新聞 02月19日07時12分