バズ予想ニュース > 個人戦

『個人戦』をGoogle Newsで検索

挫折体験はさせていい?ゲームに負けてすねる子へのベストな対応、NG対応 今の時代、友達とリアルに対戦するゲームではなく、個々にスマホで一人遊びをする子も多いですが、それで…
長洲未来、個人メダルに意欲!トリプルアクセル挑戦へ/フィギュア フィギュアスケート女子で21日開始の個人種目に臨む米国代表が18日、平昌で記者会見し、2010年バンクーバー五輪4位で両親が日本人の長洲未来(24)=米国=は「何が起きるかなんて誰にも分からない。勇気なくして栄光なし。自分を信じてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたい」と大技成功とメダル獲得に意欲を示した。
追想[評価3.0] - 戦争への個人的復讐 戦争被害者の、個人的復讐。 現在ならちょっとマズいテーマな気もしますが、復讐劇としてはいいですね。 フィリップ・ノワレが演じているのが、より復讐感を煽って良かったです。 追想シーンと復讐シー...
葛西紀明、団体戦で表彰台狙う 苦戦の日本、巻き返しへ 平昌冬季五輪第11日は19日夜に、ノルディックスキー・ジャンプ男子団体(ラージヒル=ヒルサイズ142メートル)がある。ここまでノーマルヒル、ラージヒルの個人戦で苦戦を強いられてきた日本勢は、最後に表…
【平昌五輪】「素敵な物語を観客の皆さんに伝えたい」 アイスダンスFD進出決めた村元哉中、クリス・リード組 平昌五輪フィギュアスケートのアイスダンス・ショートダンス(SD)で暫定11位となり、上位20組によるアイスダンス・フリーダンス(FD)への進出を決めた村元哉中、クリス・リード組(ともに木下グループ)は「明日は、すてきな物語を観客の皆さんに伝えたい」などと意気込んだ。試合後の一問一答は以下の通り。--ショートダンスはどうだったか村元「少し緊張して固かった部分はありましたが、本当に最初から最後まで、五輪の舞台を楽しむことができましたし、少しミス 全文 産経新聞 02月19日13時57分
レジェンド葛西、団体戦選考会前に個人戦の悔しさブログでつづる 平昌五輪ジャンプ男子日本代表で8大会連続五輪出場の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が18日、公式ブログを更新し、17日の個人ラージヒルで2回目に進めなかった悔しさとともに19日の団体戦に向け抱負をつづった。悔しいジャンプから一夜明けた。葛西は「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした。沢山の方に応援され、期待もしていたのに応えられず残念でなりません」と悔しい気持ちを吐露。「昨日は寒過ぎず、風も強くなくて良い条件でしたが、NO 全文 デイリースポーツ 02月18日20時23分
設立3周年イベント開催のお知らせ ~株式会社ITプロパートナーズは設立3周年を記念して3月9日に感謝祭を開催します~ 夢を追い求める個人の「挑戦」と、人材不足に悩む企業の「採用」を支援... The post 設立3周年イベント開催のお知らせ appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).
五輪ジャンプ:男子団体、葛西ら4人 小林潤外れる 平昌五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子は19日、今大会の最終種目となる団体ラージヒル(ヒルサイズ=HS142メートル)を行う。メンバー選考を兼ねた18日の公式練習後、斉藤智治監督は、竹内択(北野建設)、伊東大貴(雪印メグミルク)、葛西紀明、小林陵侑(ともに土屋ホーム)の順番で臨むと発表した。今季のワールドカップ(W杯)個人総合8位の小林潤志郎(雪印メグミルク)が外れた。斉藤監督は「潤志郎はここへ来ていいジャンプができていない。団体戦に慣れた大貴の力を優先した」と語った。
葛西、ラージヒル失速の原因は「変な風が右のスキーの表面に当たり…」/ジャンプ 平昌五輪ノルディック・スキージャンプ男子代表の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が18日、ブログを更新。1回目に121メートルの107・9点と伸び悩み、33位に終わった17日の個人ラージヒルについて振り返った。「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした」と肩を落とし、「沢山の方に応援され、期待もしていたのに応えられず残念でなりません」と悔しがった。
葛西、ラージヒル失速の原因は「変な風が右のスキーの表面に当たり…」/ジャンプ 平昌五輪ノルディック・スキージャンプ男子代表の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が18日、ブログを更新。1回目に121メートルの107・9点と伸び悩み、33位に終わった17日の個人ラージヒルについて振り返った。「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした」と肩を落とし、「沢山の方に応援され、期待もしていたのに応えられず残念でなりません」と悔しがった。葛西は前回大会で銀メダルを獲得した得意のラージヒルで、1回目33位と低迷した。「 全文 サンケイスポーツ 02月18日19時36分
【平昌五輪】ロシア勢苦闘、「金」まだ0 除外で選手大幅減 国旗なしに複雑 国ぐるみのドーピングが認定され、平昌五輪への国としての参加を禁じられたロシア勢が振るわない。4年前のソチ五輪では国別最多の金13個を含むメダル33個(後の剥奪分を含む)を獲得したが、個人資格で平昌に出場しているロシア選手の獲得メダルは18日時点で金0個(銀3、銅8)。大幅減少は確実で、過去になくロシアの影が薄い大会になっている。ソチ大会で232人だったロシア人の出場選手は、今大会で認められたのが169人と減少。中でもメダル争いという点で大きく 全文 産経新聞 02月19日07時02分