バズ予想ニュース > ドル円

『ドル円』をGoogle Newsで検索

豪ドル・円:対円レートは反転、米ドル高・円安の相場展開の影響も 19日のアジア市場で豪ドル・円は反転。朝方に84円00銭まで売られる場面があったが、米ドル・円相場が円安方向に振れた関係で84円41銭まで戻した。豪ドル・ドルの取引では0.7897ドルから0.7936ドルで推移。なお、ユーロ・円は131円79銭から132円27銭まで戻している。 ・豪ドル・円の取引レンジ:84円00銭-84円41銭
ドル・円:ドルは106円30銭台で推移、株高を意識してドル下げ渋り 19日午前の東京市場でドル・円は106円30銭台で推移し、下げ渋る展開。日経平均株価は235円高で推移しており、株高を意識した円売りが観測されている。本日は中国本土、香港、米国市場が休場となるため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられる。ここまでのドル・円は106円14銭から106円37銭で推移。 ユーロ・円は、131円81銭から132円08銭で推移、ユーロ・ドルは、1.2402ドルから1.2421ドルで推移。 ■今後のポイント ・105円台後半で個人勢などのドル買い興味残る ・1ドル=108円-112…
ドルじり安、ドル円は106.21円まで下がる シドニー市場はドルがじり安になっている。ドル円は先週金曜日につけた106.40円を1銭だけ超えて106.41円まで上がったが、その後は106.21円までじり安になっている。ユーロドルも1.24ドルを割り込み1.2398ドルまで下がったが、1.2420ドルまで戻している。ポンドドルは1.4038ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9269CHFまでドル安になっている。
ドル・円:ドル・円は小じっかり、ユーロ・ドルは失速 19日午後の東京市場でドル・円は小じっかりの値動きとなり、本日高値を更新。一時106円45銭まで強含んだ。日経平均株価の堅調地合い継続でややリスク選好的な円売りが観測される。また、ユーロ・ドルが失速しており、ドル売りも後退気味になっている。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円10銭から106円45銭。ユーロ・円は131円81銭から132円14銭、ユーロ・ドルは1.2402ドルから1.2435ドルで推移。
東京午前=休場な国が多い、ドルの上値が重い展開に 先週末から中国をはじめ旧正月で休場なアジア市場が多く、市場参加者が少ない東京時間だが、本日は米国とカナダも休日のため一層市場が細っているなか、ドルは軟調に推移した。ドル円は、シドニー時間に先週金曜日の高値を1銭だけ更新し106.41円まで上昇したが、ドルの上値は限定的で仲値後は106.10円までじり安となった。日経平均は寄り時から堅調で、一時300円を超えて上がり、288円高の22009円で前引けしたが、株価の上げも為替には影響は無かった。1月の本邦貿易収支は1兆を超える赤字予想が、9434億円の赤字に留まったも…
東京午後=ドル円堅調、日経平均は続伸 東京午後の為替市場は、日経平均が400円を超えて上昇したことと、本邦輸入勢の買いが入ったことでドル円は106.51円まで上昇した。しかし本日はアジアの多くの国が旧正月のため休場だったことや、この後のNYやトロントも休場なため、値動きは限られたものになった。 欧州通貨は、ドル円のドル買いに連れてドルが小幅に上昇した。ユーロドルは1.2410ドル近辺、ポンドドルは1.40ドル前半、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9288ドルまでドルが買われた。 クロス円はドル円が上がったことで、ユーロ円は132.20円、ポンド円は…
東京円:106円台前半 米住宅着工件数受けドル買い 週明け19日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台前半で取引された。  午前10時現在は、前週末比28銭円安・ドル高の1ドル=106円29~30銭。ユーロは78銭円高・ユーロ安の1ユーロ=132円03~05銭。
ドル円仲値は106.30円近辺、クロス円は堅調 本日の東京仲値は106.30円近辺で大手邦銀は値決めした。ドル円は動きが鈍いものの、欧州通貨とオセアニア通貨は底堅い動きをみせているため、クロス円は堅調に推移している。ユーロ円は132.10円、ポンド円は149.32円、豪ドル円は84.30円、NZドル円は78.66円まで上昇し、現在もほぼ同水準で取引されている。
【ディーラー発】オセアニア通貨買い優勢(東京午前) 堅調な原油先物を好感しオセアニア通貨買いが優勢に。豪ドルは対ドルで0.7928付近まで、対円では84円25銭付近まで買われ、NZドルが対ドルで0.7400付近まで、対円では78円64銭付近まで上昇するなど強含み。また、日経平均が先週末比300円超高と上げ幅を拡大したことに伴いクロス円ではユーロ円が132円09銭付近まで、ポンド円が149円30銭付近までじり高となる一方、ドル円は106円20銭前後で売り買いが交錯している。10時40分現在、ドル円106.161-171、ユーロ円131.943-963、ユーロドル1.…
東京円、106円台前半 週明け19日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台前半で取引された。 午前10時現在は、前週末比28銭円安ドル高の1ドル=106円29~30銭。ユーロは78銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円03~05銭。 前週末に発表された1月の米住宅着工件数が市…
ドル・円は下げ渋り、日本株高で円買いはやや後退 19日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日本株の堅調地合いを受け警戒の円買いは後退し、ドルは106円台を維持した。 ドル・円は、値ごろ感による国内勢の買戻しで106円37銭まで値を切り上げる場面もあった。その後は買戻しが一服し、106円10銭付近まで失速した。 ただ、日本株との相関性は薄れているとはいえ、日経平均株価が前週末比で大幅高となり警戒の円買いは後退しているようだ。 ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持しており、目先の日本株高継続が観測される。目先もリスク回避的な円買いは想定しにくい。 ここまで…